クレンジングで毛穴トラブル?原因解明で毛穴美人になろう!

クレンジングで毛穴トラブル?原因解明で毛穴美人になろう!

 

「クレンジング剤を変えたら毛穴が広がった!」なんて話は聞いたことがありませんか?

 

実は私はその1人。
最近ジェルタイプのクレンジング剤からオイルに変えたのですが、今まで以上に毛穴が目立ち始めました。

 

以前から毛穴の開きで悩んでいたのに、これにはショックです。

 

毛穴の開きに限らず、黒ずみなどの毛穴トラブルって老け顔に見えてしまいますよね。

 

今回は毛穴とクレンジング剤との関係・毛穴トラブルの原因を調べてまとめてみました。

 

私のような経験がある方は必見です!

 

毛穴の役割って知ってる?

お肌の悩みとして必ずと言っていいほど上位にある毛穴トラブル。
「もういっそのこと毛穴なんてなくなればいい! 」なんて思った方もきっといるでしょう。

 

でも毛穴があることにはきちんと理由があります。
まずは毛穴の役割についてお勉強しましょう。

 

毛穴の役割

 

 

ご存知かもしれませんが、毛穴は皮膚の役割を補うために肌にはなくてはならない存在です。

 

毛穴が存在している皮膚は、外からのウイルスや細菌などが体の中に入ることを防ぐ役割を持っています。

 

皮膚は常に大気にさらされていますね?
つまり私たちの気づかないところで水分が蒸発、そして乾燥状態になっています。

 

この水分の蒸発を防いでいるのは皮膚の一番外側の角質層なのですが、角質層自体は環境に応じて蒸発する水分量を調整する機能がありません。

 

毛穴は皮脂によって皮脂膜を作り、角質層が出来ない蒸発する水分量の調整を行います。
これが毛穴の役割なのです。

 

毛穴の役割がうまく機能してない場合

敏感肌やインナードライと感じている方はいませんか?
そんなあなたはもしかしたら、毛穴の役割がうまく機能していないのかもしれません。

 

日々の忙しい毎日によるストレスや疲れなどの原因は、代謝機能を下げ、血行を悪くしてしまうことがあります。

 

このことは皮膚の正常な働き狂わせる原因の1つになり、外の刺激から守るバリア機能や角質層の水分保水力を下げてしまいます。

 

低下した皮膚の機能を補うために、毛穴から皮脂が分泌されます。
この分泌された皮脂はあくまで皮膚の表面をカバーし乾燥を防ぐためのもので、角質層自体に水分が十分にないと乾燥している状態のままです。

 

表面はベタベタなのに、乾燥を感じることはありませんか?
それがいわゆるインナードライです。

 

毛穴の役割は、蒸発する皮膚の水分量の調節です。
角質層に水分が十分にないと、皮脂ばかりが増えていってしまいます。
この過剰に増えた皮脂は、世の女性が悩んでいる毛穴トラブルのきっかけに繋がるものなのです。

 

過剰分泌された皮脂は角栓を作る原因です。
そして、この角栓が酸化すると黒ずみになり、毛穴につまった皮脂が炎症を起こしてニキビなどの肌トラブルを引き起こすのです。

 

毛穴とは綺麗な皮膚を保つためには欠かせないものであり、つねに正常であるように心がけることが毛穴美人に繋がっていくというわけなのです。

 

実は間違ったクレンジングも毛穴トラブルの原因に!?

 

さて毛穴の役割を知ったところで今回の本題です。

 

皆さんは今、どんなクレンジングを使っていますか?
乾燥肌、オイリー肌といった肌質を気にしたクレンジング剤、またはとにかく洗浄力の高いクレンジング剤など、人によって選ぶポイントは違うことでしょう。

 

でもご存知でしたか?
どのクレンジング剤であれ、間違った方法で使っていると毛穴トラブルの原因を引き起こすきっかけとなります。

 

「もしかして私の毛穴、クレンジングのせいかも!?」
と思った方はご用心!今回はそれぞれのクレンジング剤の正しい使い方をご紹介していきますね。

 

正しいクレンジングで毛穴美人を目指す!

 

それでは早速いきましょう!
今回はクレンジング剤の選び方から洗顔の仕方までご紹介します!

 

正しいクレンジング剤の選び方

先ほども言ったように、クレンジング剤と一言でまとめてもその種類は様々です。
綺麗にしようと選んだクレンジング剤が原因で、毛穴トラブルが起こっては本末転倒ですね。

 

きちんと自分の肌質・用途にあったものを選ぶようにしましょう。

 

クレンジング剤には大きく分けて、6種類あります。

  • オイル
  • クリーム
  • ミルク
  • リキッド
  • ジェル
  • シートタイプ

その中で毛穴の汚れにオススメだと言われいるタイプが“ジェル”と“クリームタイプ”。

 

なぜオススメかという理由は、洗浄力が高く、それに加え肌に与える刺激が他のものと比べて少ないことが挙げられます。

 

洗浄力が高いことで肌に与える刺激が強いクレンジング剤がありますが、ジェルやクリームタイプの場合その心配がありません。

 

しっかりと化粧などの汚れを落としつつ、刺激による肌の乾燥からも守ることが出来ます。
毛穴汚れには最適なクレンジングでしょう。

 

他のクレンジング剤を使う場合の注意

“肌質に合わない”や“好み”の問題で、どうしてもジェルやクリームタイプ以外のものを使いたい方もいらっしゃるでしょう。

 

ですが、オイルクレンジングとミルクタイプを使っている方には注意して欲しいポイントがあります。
毛穴美人になるためにも、しっかりと押さえておきましょう。

 

オイルクレンジング

オイルタイプのクレンジング剤は、6種類の中で最も洗浄力の高いものとなります。
しっかりメイクも落ちるし、比較的リーズナブルということもあって使っている方は結構多いかもしれません。

 

しかし、この洗浄力は毛穴の天敵「乾燥」を引き起こしやすく、毛穴トラブルに繋がりやすいと言われています。

 

またオイルクレンジング剤に含まれている“アルコール”や“界面活性剤”などの成分も肌に刺激を与えてしまうというデメリットがあり、もともと肌が弱い方には向きません。

 

オイルタイプを選ぶ場合は、アルコールフリーや無添加なものにしましょう。
出来るだけ肌への負担が軽いものを選んでくださいね。

 

ミルクタイプ

ミルクタイプのクレンジング剤は、オイルタイプとは真逆の性質を持ちます。ミルクタイプは肌への刺激はとても少ないのですが、その分洗浄力も低く、十分にメイクが落としきれない場合があります。

 

残った汚れはもちろん、毛穴の黒ずみなどの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

 

しっかりメイクをされる方は、ミルクタイプのクレンジング剤はオススメしません。しかし、敏感肌などの理由でどうしてもミルクタイプを使いたい方は、メイクを薄くしたり、ポイントメイクは専用のクレンジング剤を使うなど工夫するようにしましょう。

正しいクレンジングの仕方

 

正しいクレンジング剤選びの後は、正しいクレンジングの仕方です。
いくら正しいクレンジング剤を使ったとしても、その使い方が悪ければ毛穴トラブルに繋がります。

 

ここでしっかりとポイントを押さえていきましょう。

 

手は清潔に!

当たり前のことですが、クレンジングをおこなう時は清潔な手でしましょう。
目に見えない菌は肌の刺激となり、肌トラブルを起こすきっかけに繋がります。
顔の前に、まずは手から洗うようにして下さいね。

 

適量を守る!

よくパッケージにクレンジング剤の適量が書いてありますよね?
それにはちゃんと意味があります。
少なすぎても洗浄力が落ちる、多すぎれば肌を刺激してしまい乾燥肌を引き起こしかねません。

 

表示された量は、商品を作る段階で実験されて出た数字です。必ず守るようにしましょうね。

 

Tゾーンから始めましょう

このことは多くの方がすでに知っていることかもしれませんね。

 

おでこや鼻といったTゾーンは、顔の中で最も皮脂が多い部分です。
皮脂の多いところからクレンジング剤を伸ばし、そのあとから比較的皮脂の少ない顎やほほなどを洗浄していくと効果的に洗浄出来ますよ。

 

力を入れすぎない!

汚れを落としたいとゴシゴシと顔をこすることは絶対にやめましょう。
肌は皆さんが思う以上に繊細でデリケートです。

 

摩擦などの刺激はもちろん肌に刺激を与え、肌荒れや毛穴の天敵である乾燥肌を招きかねません。

 

パッケージに書かれている量は、充分に汚れが落とせる量でもあります。
指を使って優しく伸ばして使いましょう。

 

洗い流す時はぬるま湯で

「お湯の方が良く落ちるのでは?」と思うかもしれませんが、お湯の場合必要以上の皮脂まで洗い流してしまい、乾燥肌になってしまいます。

 

また逆に、冷たい水だと皮脂が落ち切らず汚れが残ってしまいます。
洗い流しは中間のぬるま湯が1番適しています。

 

また注意したいのが、シャワーで洗い流してしまう方法です。
シャワーの水圧は顔のようなデリケートな肌には強すぎてダメージを与えてしまいます。
手で優しく洗い流すようにして下さいね。

 

クレンジング後のお手入れも忘れないで!

クレンジングの後は洗顔も忘れずにしましょう。クレンジングはメイク汚れなどを落とすことが目的で、肌に余分となった皮脂などは洗顔によって綺麗になります。

 

クレンジング・洗顔が終わった後はたっぷりの保湿をおこないましょう。なんども言いますが、乾燥は毛穴美人を遠ざけます。

 

乾燥は洗顔が終わってすぐに始まりますので、面倒くさがらずになるべく早く行ってくださいね。

 

化粧水・乳液は必須です。定期的にパックすることもいいでしょう。毛穴が開かないようにするには、アフターケアの保湿はとっても重要なポイントです。

 

正しいクレンジングで毛穴美人に!

ストレスや疲れだけではなく、日々使っているクレンジング剤にも毛穴トラブルを引き起こす原因があったことは驚きですね。

 

皆さんも今回の記事を参考に、ぜひご自分のクレンジング剤や使い方を見直してみて下さい。毛穴美人になって若々しい肌を取り戻しましょう!

関連ページ

敏感肌の毛穴クレンジング剤選びと押さえるべきポイント!
毛穴悩みを抱えている敏感肌の方がクレンジング剤を選ぶ時に気をつけて欲しいポイントと敏感肌にオススメしない成分について解説を加えます。